元祖?腰痛予防ベルト


八百屋さんをはじめ、酒屋さん、米屋さん、そしてサザエさんのサブちゃんでおなじみの、いなせな正装!「前掛け」

江戸時代から彼らの正装として、現代でも着用されて来たアイテムですが、彼らはなぜ「前掛け」をしているのか?

皆さんご存知ですか?

パっと思いつくのは「汚れない為」、「お店のアピール!」位ではないでしょうか。

汚れ防止やユニホームとして着用していたのは勿論ですが、本来の用途として、前掛けを着用する事による重要な効果があったのです。

それは「腰痛予防」

野菜、酒、米と重量のある物を頻繁に上げ下げする職業柄、腰への負担が大きく、負担を軽減するアイテムとしての役割が本来だったのです。

一般的に前掛けのベルト部分は厚手に作られていてとても頑丈です。

このベルトで腰廻りを締め付け、骨盤のバランスを整える事で、腰痛を軽減していたのです。

八百屋さんなどへのアンケート調査でも、その効果が非常に大きい事が実証されています。

ウエストサポート&ガードベルトの企画中に知り、まさか前掛けにそんな効果があったとは!

昔の人はきっと感覚的にこの効果を見つけたんだろうな~・・・と感心してしまいました。

要は、骨盤のバランス、姿勢崩れをベルトで補正する事で、腰にかかる負担を軽減し腰痛を防ぐって事ですね!

ウエストサポート&ガードベルトの場合は、テンショナーベルトを締める方向によって、腰痛予防にも腰痛軽減にも役立ちます。

とは言え、腰に不安を抱えている方も、さすがに前掛けは普段から着れないですね(笑。 そんな時には、「ウエストサポート&ガードベルト!」是非ご利用ください。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
POi DESIGNS 企画/生産 株式会社べベルギア

Copyright © 2013 BevelGear co.,ltd. All Rights Reserved.